なぜ副業。なぜ動画編集。

私には、前から漠然と副業をしたい。という思いがあった。
それは本業が合っていない。けれども辞める勇気もない。(大手メーカー SE職。福利厚生充実)
今の仕事を続けながら、自分が本当に合う職業を見つけたい。と思っていた。
けれども会社では副業は認められていない。

そんな中、2019年ついにうちの企業も副業解禁!!
副業と言っても本業に影響するのはNG。そうなると必然的に=在宅でできそうな仕事。
バナー作成、副業くらいの時間でできそう。と思い。WEBデザイナーの仕事に興味を持つ。
(そんな簡単なことじゃないのでしょうが。。)
さっそく某有名デザインスクール4社に問い合わせ&説明&体験をしたけど、どれもピンと来ない。というよりはこれだけの大金を払って元が取れるのか!?
という不安があった。
あと、子育てをしながら通い続ける自信もなかった。

ここからはしばらく私の、副業熱も冷めていた。
しかし2020年。下記理由が重なったことにより再加熱。
・コロナによる在宅勤務の加速により、仕事はほぼ在宅。会社に行くのは年に2,3回。
・長男の受験も終了。長女の受験はもう少し先。
・あと3年で時短勤務が出来なくなる。
・年齢が40代になってしまった。
始めるなら今しかない。今やらなければいつ!?
ということでまたWEBデザインスクール探しの旅。
が、今回はポイントは一つ。
”案件を紹介してくれるか”
だった。2年前にスクールを見た際に抱えた不安。それは通えるかはもちろんだが、元は取れるのか?ということだった。どのスクールもクラウドソーシングで稼げると言ってくる。でも実際にクラウドソーシングサイトを見たって高倍率でこの中で今から初心者が参入して案件とるのって非現実的。っていう気持ちが強かった。

なのでこの”案件を紹介してくれるか”というポイントで見るとかなりスクールの数は絞られた。
更に予算も低かったので、これまたさらに幅は狭まった。
そしてここはと思ったところの説明を聞き、すごく良い印象を持った。
けどもやはり何かの不安が残る。やりきれるか。

そんな中、会社で動画編集を行うというヘルプ作業をお願いされた。これが面白い。。
そしてこれからは動画の需要は増えるだろう。更に作業も面白い。
ウェブデザインのやりきれるか。という不安より動画はやりたい!としか思えなかった。
ここから動画編集のスクールで”案件を紹介してくれるところを探し。
見つけた。
さて、どこまで頑張れるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました