子供が本好きになった理由は謎。

2人子供がいます。中学生になる息子と小学生の娘。2人とも本が好きです。
でも、好きと言っても好きの度合いが違います。
息子は好きだし、読むことが苦にはならないけども、本は時間に余裕ができた時に読むような位置づけ。 では娘は!?というと、着替えをするときも、歯磨きをするときも足で抑えてでも(お行儀はおいておいて。。)、少しの時間を見つけてでも本を読もうとするくらい好き。

で、たまに聞かれること。どうやって本好きに育てたの!?お母さんがいっぱい本読むの?とか。
いいえ、私は年に1冊すら読んでいないレベル。でも↓はしていました。
①お腹にいるときから読み聞かせ。
②図書館で借りるだけでなく、常に本が手に届く場所に置いておいてあげる。
③欲しいといった本は、基本的には買う。
④本屋さん、図書館によく行く。
⑤寝る前に本を読んでよい時間を10分作ってから寝る。

そうして、2人とも本好きになりました。でも上の子は本当にごく普通に電車の中とか寝る前とかに読む程度。下の子はなぜこんなに好きになったのか分かりません。環境としては兄とさほど差はないはずなのです。下の子は文字を見るとそっちに気を取られます。本を読むときはとても集中します。
たくさん読むから、読むスピードも速くなりました。1日に1冊は必ず読んでいます。多いときは一日5冊でも読みます。(字が大きいものもありますから。。)そんなこんなで、1か月で大体60冊くらいを今は読んでいます。ただ、本を読んでいる間は、私の呼びかけには3回目くらいでやっと気が付くこともしょっちゅうです。大人との会話よりも本で得る単語も多く、そういう単語はアクセントが違っています。
こういう欠点もあるのです。(私の語彙力が少ないですから・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました